ツーショットダイヤルの料金請求に関して

消費者センターに高額の料金請求を相談する

投稿日:2017年11月8日 更新日:

ツーショットダイヤルでのトラブルは消費者センターへ相談するのがおすすめです。

ツーショットや伝言ダイヤルなど電話を利用するアダルトコンテンツでは料金未払いの場合は後日請求の電話が掛かってきます。その際に利用した料金以外に延滞料金や手数料など様々な追加料金を言われ、高額の請求をされるケースが増えています。

初めてツーショットダイヤルから請求された方は、アダルトコンテンツを利用したのがバレたくない、家までくるのではないか?と不安になってしまい、つい支払ってしまうケースがあります。

言われるがままに高額の支払いをする前に消費者センターに相談してみましょう。

本当に請求額を支払わないといけないのか?

「無料ポイント欲しさに後払い請求を選択し、気が付かない間に後払いに切り替わっており料金を請求された。」請求される人はこのようなケースが多いです。

実際利用している場合は、登録の際に利用規約に同意していると思われるので、規約に後払いの場合遅延損害金を請求するとあった場合は支払う必要があります。

実際に法律的には?

法的には記載がない場合は年利6%で、利息制限法での遅延損害金の最高利率29.2%になっています。
10万円分利用した場合は、支払う最高金額129200円までになります。

この分(最高利率29.2%)を超える金額に関しては支払う必要はありません。それ以外の手数料なども当然支払う必要はありません。

取り立ての電話は無視

料金の取り立て電話は無視して大丈夫です。家まで取り立てに行くと言われる事もありますが、わざわざ家まで来ません。

架空請求の相談も消費者センターへ

ツーショットダイヤルでの請求トラブルに便乗した架空請求業者にも注意しましょう。いきなり電話してきて利用した覚えのないアダルト番組の料金を請求してきます。身に覚えのない場合は消費者センターへ相談しましょう。

-ツーショットダイヤルの料金請求に関して

執筆者:

関連記事

no image

ツーショットダイヤルの料金を踏み倒して支払わない

無料お試し体験に釣られて後払いにして高額の料金請求の電話が来たという話はよくあります。基本的にツーショットダイヤルや伝言ダイヤルは有料の課金制番組です。過去にツーショットに電話をした場合、督促の電話が …